Broadband Internet

困ったらこの治療法がある!うつ病が治るECT

ECTの対象者はどんな人?

ECTは電気けいれん療法のことを言います。頭部のこめかみの部分から電極を通して電流を流し、人工的に発作を起こすことでメンタルの病気を治します。重度のうつ病にも効果バツグンです。でも、うつ病の治療イコールECTというイメージはありませんよね。それもそのはずで、この治療法はうつ病の中でも特にひどい症状が出ている人や抗うつ薬が効かない人を対象にしているからなんです。抗うつ役を色々試してそれでもだめだった場合はこちらに進みます。

ECTのメリットって?

どんなひどいうつ病も治してしまうパワーがあります。抗うつ薬にはいくつかの組み合わせがあるので、その人に効き目があるパターンはどれなのか色々試していくんですが、試した中でどれも効かなったタイプのうつ病にも効果的なんですよ。患者さん本人や家族がもう治らないのではと諦めるのはまだ早いのです。抗うつ剤には副作用がありますが、お年寄りの方の場合に特にこれに悩まされることがあります。そのためお年寄りの患者さんに薬を飲ませずに済むことにもなりますね。

ECTはどれくらいの期間やるの?

患者さんは治療前に事故が起こらないように検査をしますし、全身麻酔を打つので眠っている間に痛みなども感じることなく治療は終わってしまいます。治療の期間ですが、一週間にECTを二回のペースで行うので、毎日やらなくても平気です。大体4回目から5回目で大きな変化が表れてきますよ。うつ病の治療効果がわかりやすく出てくれるので、頑張り甲斐もありますよね。うつ病が治って、もう治療しなくても大丈夫とお医者さんが判断するようになるまでは大体6回から8回くらいが多いようです。週二回やるので、大体一か月以内ということになりますね。

うつ病チェックは、インターネットでも多く紹介しています。自分は違うとは思い込まずに、まずは、チェックしてみる事が大切です。